パパ活って売春?コロナ禍で完全な買い手市場に…実態はどうなってる??

パパ活で稼ぐには

2020年6月、SNSで知り合った中学3年の少女に現金2万円を渡し、大阪市内のホテルでわいせつな行為をしたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で52歳の男が府警に逮捕される事件がありました。

少女は「コロナで学校が休みで暇だった」

金銭をもらってデートなどをする“パパ活”の相手を探していたというのです。

コロナ渦の中、パパ活を始める女性は増えているのはデータでも明らかになっています。

その多くが、コロナ以前はキャバ嬢やラウンジ嬢といった水商売で生計を立てていた女性。

それが、コロナによる大幅な収入の減少を受けて、パパ活に手を出さざるを得ない状況になったのです。

大阪市内のキャバクラ店に勤めるA子さん(23)の話。

「コロナの影響を受けて、出勤日数はこれまで週4日ほどだったのが、客足の減少でカットされ、『指名客が来ない日は出勤しなくていい』と言われるようになった。3月には56万円あった給料が、翌月には20万円まで落ち込んだ」

歌舞伎町のキャバクラ店に勤めるB子さん(25)。

「キャバ嬢のお金の稼ぎ方が変わり始めている」と話します。

「キャバクラ店の収入は大幅に減りましたが、全体の収入は減っていません。私のお客さまは経営者や芸能関係者が多く、コロナウイルスに感染した場合、感染ルートを明かさなくてはならないので、そもそもキャバクラ店に出入りしていることがバレてはまずい。だから彼らとの個人間で金銭のやりとりが発生するようになりました。私以外のキャストも同じような状況にあります。店を介さなくなったらもうパパ活ですよね」

こうしたコロナによる金銭的ダメージは深刻です。

4月初旬から前出のA子さんはアプリを使ってパパ活を始めたそう。

「アプリ内で顔写真や年齢、職業、住まいを記載した自分のプロフィールを作って登録をした途端、複数の男性からメッセージがすぐに届きました。男性側は収入なども記載していて、メッセージの内容は『大人5でどうですか?』『とりあえず顔合わせ1でどうかな?』といったものがほとんどでした」

“大人5″というのは、“大人の関係5万円”の略称。

A子さんによれば「5万円でセックスをしませんか?」という交渉を意味するというのです。

“顔合わせ1”なら、今後の関係を図る前に1万円でまずは顔合わせをしたいということ。

アプリを使い初めてから1週間後。

A子さんは顔合わせのために恵比寿まで向かいました。

男性から指定された場所は恵比寿駅近くの男性の自宅マンションのロビーだったのです。

4月は多くの飲食店が営業を休止していたため、この場所での顔合わせになったそう。

「待ち合わせ場所に着くと、ごく普通の30代の男性が現れました。アプリ内のプロフィールにも30代と書いてありましたが、友人から『30代と書いていたのに50代に近い男性が現れたことがある』という話を聞いていたので、安心しました。その後はロビーで仕事や休日の過ごし方、オススメの映画の話など、ごく普通の会話を1時間ほどしました。これまではアプリ内のメッセージ機能を使って男性と会話をしていましたが、帰り際にLINEを交換して、顔合わせ代の1万円に加えて、交通費として5千円を手渡しで受け取りました」

その数日後、LINEでのやり取りを経てA子さんは男性と再開。

その日から肉体関係を含むパパ活が始まったというのです。

A子さんに加えて、“パパ活アプリ”を利用する20代の男性Kさんにも話を聞くことができました。

「コロナの影響で、パパ活アプリやギャラ飲みアプリの女性ユーザーが急増しています。その一方で、男性ユーザー数は変わらないどころか減少傾向にある。私自身もそれまでは月に20件程度だった女の子からのメッセージが2倍近くに増えました。売り手市場だったパパ活はコロナ禍以降、完全に買い手市場になっています」

A子さんKさんの周囲にはパパ活中の知人がたくさんいるそうです。

彼女彼らの話を聞く限りでは、現在のパパ活の実態は“売買春”にほかなりません。

以前のパパ活は、経済的に余裕のある男性が若い女性と食事や旅行をして、その対価として金銭を支払うというのが一般的でした。

性的行為が含まれないことが多かったのです。

しかし、コロナ禍でパパ活という言葉がメディアで大きく取り上げられるようになりました。

パパ活がアプリひとつで誰でも参加できるものになったのも大きいでしょう。

コロナ禍を経て、これまでのパパ活の定義は変化していったのです。

SNS時代の男女の“つながり”の形として、パパ活を興味深い対象としてとらえていた人も多かったでしょう。

もちろん、法に触れない限りということです。

今も昔も一方的な搾取などではなく、あくまで女性がお金を稼ぐための選択肢のひとつとして、パパ活が存在していることは変わりません。

しかし、この先、買い手市場化が進み、大幅な値崩れや搾取が起きれば、パパ活の意味することは“ただの売春”になってしまうかもしれません。

そこで勝ち抜くためにパパ活女子たちは、ニーズに合わせた容姿やキャラを取り入れていくことでしょう。

パパ活女子たちの「個性」や「選択肢」が失われること、そして低年齢化が進むことが危惧されています。

コメント