「シュガーダディ」が世界で話題にという記事について

シュガーダディ記事

パパ活について調べていたらシュガーダディというよりパパ活についてこんな記事がYahoo!ニュースで取り上げられていたので抜粋して紹介しますね。

 

発端はトレンドを生み出す映画界

世界の映画界では、米国のハリウッドやインドのボリウッドなどが知られている。これまで、こうした各地の映画産業は文化のひとつとして影響力も強く、トレンドなども生み出してきた。

近年、アフリカにも、ハリウッドのように映画産業が盛んな地域が生まれている。有名どころではナイジェリアの映画産業ノリウッドがある。またガーナにもガーリウッドとクマウッドといった2つの映画産業が存在している。

製作される映画の数で比べると、ノリウッドはハリウッドよりも規模が大きく、世界最大のボリウッドに次いで2位の規模となるほど人気である。

最近、このノリウッドやガーリウッド、クマウッドのようなアフリカの映画産業で話題になっていることがある。「シュガー・ダディ」についてだ。

シュガー・ダディとは、英「ケンブリッジ・イングリッシュ辞書」によれば、「若い人、特に女性に対してお金を渡したり、プレゼントを買ってあげる裕福な男性」のことで、ほとんどの場合、年上である。

このシュガー・ダディは、実はアフリカだけの現象ではない。

18年4月には、ニューヨークにて「シュガー・ダディ・サミット」という国際イベントが開催され、英紙「サン」によれば、このイベントは出会い系サイトが主催し、「興味深い『シュガー』の世界における駆け引きなどすべてを学ぶことが目的」となっている。

このイベントでは、講演やいくつものセッション、パネルディスカッションなどが開催され、「200人以上の女性が参加した」という。

またニューヨークから1万6000キロほど離れたオーストラリアでも、このシュガー・ダディが最近ニュースになっている。オーストラリアの公共放送局「SBS」は、「世界最大の『シュガー・デート』サイトの最新データでは、オーストラリアには50万人近くのシュガー・ベイビーがいる……シュガー・ダディの会員数も増加しており18万人に到達しようとしている」とし、その増加の理由は「オーストラリアの生活費が高くなっていることだ」との指摘があると報じている。

さらにインドでも、最近シュガー・ダディのためのサイトには大勢が登録するようになっており、フランス系サイトには「50万人のインド人ユーザーがいる」と、インドのニュースサイト「ザ・プリント」は書いている。自称金持ちやバイセクシャルの人たちが集っているという。

このように、「シュガー・デート」は世界的な話題になっているのだ。

ニューヨークの「シュガー・ダディ・サミット」を取材した英紙「インディペンデント」は、主催者に「#MeToo時代」にこうしたサービスが生き延びれるのかを直撃している。

主催者の答えは、これは#MeTooのような「ルーズ・ルーズ関係ではない」とし、「これはウィン・ウィンの関係なのです」と答えている。

異性(同性)関係は複雑だということだろう。

パパ活は世界的なムーブメントになっているようですね。つまりはどんどん世界でも一般的になっているという事です。

パパ活デート

もちろん日本でもシュガーダディみたいなパパ活専門サイトが登場してここ数年で盛り上がりを見せています。

またドラマやテレビでもパパ活が取り上げられるまでになりました。

昔は裕福な人が夢見る女性を援助したいと思った時に、探せる場所が限られてしまっていましたが、今はネットのマッチングアプリやマッチングサイトですぐに自分が求めている男性見つけられることができる時代です。

私みたいな普通の女子でもやり方さえ間違えなければ素敵なパパをゲットして悠々自適の生活を送ることができます。

もし、あなたがまだパパ活していないのであれば早く始めましょう!必要なことはこのサイトに書いてあります。

しっかりパパ活して素敵なパパを見つけましょうね。

 

 

★シュガーダディ登録はこちら→シュガーダディはこちらから

★ペイターズ登録はこちら→paters(ペイターズ)はこちらから


各パパ活サイトの一覧はこちらから

各サイト登録画面URLの紹介
登録してみたいけどどこから登録したらいいのかわからないという方に、 シュガーダディ・ペイターズ・メールレディの登録URLをご案内いたします。 パパ活アプリ登録URL一覧 シュガーダディ シュガーダディはパパ活をしている方向けのサ...

 

 

 

コメント