みんなやってる!?パパ活が大人気!でもリスクもあるよ!

パパ活

「パパ活」と呼ばれる男女間の活動が話題となって久しいです。
パパ活を題材としたテレビドラマも制作されました。
パパ活とは、女性が経済力のある男性とデートすることで、女性に対価が支払われることです。
そのため、「デートをするだけでお金が稼げる」といったアルバイト感覚でいる女性も少なくありません。
そこで、パパ活の仕組みや問題点について紹介します。

そもそもパパ活って?

本来の「パパ活」は「交際クラブ・デートクラブ」に近いものでした。
しかし、これでは性風俗をイメージさせることから、日本最大手の「ユニバース倶楽部」が呼称を変更したものです。
性的なイメージを払拭したということですね
その結果2010年代半ば頃から急速に拡大。
2017年には「パパ活」をテーマとしたドラマまで制作されているのです。

アプリやSNSの登場

「パパ活」が急速に浸透・拡大した背景には風俗から脱却したイメージ戦略があったのは間違いないでしょう。
そして、アプリやSNSの発達が大きく影響しているのです。
「パパ活」を始めたいと思っている女性にとって、アプリやSNSはとてもお手軽です。
自宅でいつでも始めることができるのですから、参入のハードルを大きく下げたといえるでしょう。
パパである男性にとっても「パパ活」は出会い系サイトとは異なった印象です。
お互いの目的がはっきりとしているため利用しやすいといったメリットがあるのは間違いありません。

パパ活の光と闇

「パパ活」が社会に浸透していくことで、お金を必要とする女性に大きなチャンスがめぐってきます。
男性にとっても若い女性とデートすることで心が癒されるメリットがあります。
いわばウィン・ウィンの関係が成り立つのです。
しかし、男女が出会うところに闇がないわけではありません。
犯罪に巻き込まれたり詐欺に遭ったりといった被害も出てきているのです。

お金のない女性がチャンスを掴む

「パパ活」を始める女性の多くがお金を必要としています。
具体的には、資金繰りに困っている女性といってもいいでしょう。
なんらかの目的を持ってお金が必要ということです。
とりわけ学生や事業を起こしたいと思っている女性が多いと思われます。
もちろん単純に小遣いがほしいという女子高生もいるでしょう。
アルバイトだけでは十分な金銭が得られない女性たちです。
それが「パパ活」であれば、経済的に余裕のある男性と擬似デートをするだけで大きな金額を稼げるのです。
しかも性的関係はありません。
女性が金銭的なチャンスを掴むには、うってつけのアルバイトなのです。

性的関係なし…だけど
パパ活では必ずしも体を売る必要はありません。
というよりもパパ活はそういった性的関係はない、ということを建前にしています。
「パパ活」の大きな特徴は「援助交際」とは異なるのです。
元々、体を売る必要はありません。
そのため、当初は若い女性がアルバイト感覚で簡単に取り組んでいました。
しかし「パパ活」をする女性が増えると「顧客獲得」のため体を売る女性が増加してきました。
また、そういった噂を聞き付けた男性も増えているのが現状なのです。
つまり、純粋に「パパ活」で稼ぎたいと考えている女性と体を目当ての男性との間にギャップが生まれています。
そうなると様々なトラブルが起こってくるのです。

金銭感覚が狂ってくる

女性側の問題点をあげると、遊んでお金を稼ぐことができる点です。
嫌なパパもいるかもしれませんがお金がもらえると思うと我慢もできるでしょう。
しかも性的な関係はありません。
遊んでお金がもらえると、働くことに喜びを見出せなくなってくるのです。
最初は学費や夢の実現のために「パパ活」を始めたのに…。
しかし、次第に学校を中退したり夢を諦めたりする事例が増えているのです。
これは短時間で大きな金額を稼げることで、金銭感覚が狂ってしまうからです。
一度金銭感覚が狂ってしまうと、元に戻すのは至難の業だといわざるを得ません。
そのため「パパ活」を本職にしてしまったり、そこからさらに体を売ったりすることで大きな報酬を得ようとする女性が急増しているのです。

犯罪に巻き込まれる?

「パパ活」が広く浸透していくと様々な人が参入してきます。
もちろん善意の人ばかりではありません。
男女間の欲望は非常に深いことから、そこにつけ込んで犯罪を犯す者も出てくるのです。
男性が犯罪に巻き込まれるケースとして多いのが「美人局」。
「パパ活」の現場を写真などに撮られてしまうのです。
男性は後ろめたさもあり、通報できず脅迫まがいの大金を支払うことも少なくありません。
一方で、女性が犯罪に巻き込まれるケースには暴行やストーカー被害があります。
「パパ活」は疑似恋愛です。
しかし、最初はそうであっても男性側が暴走してしまうことで思わぬ事件に発展してしまうのです。

お小遣いがもらえない

個人で「パパ活」している場合、対価が支払われないことも頻繁にあるようです。
「パパ活」をしている女性の大半というよりもほとんどが家族に内緒にしています。
つまりお小遣いがもらえない(対価が支払われない)被害に遭っても泣き寝入りしてしまうケースが圧倒的に多いのです。
そこが、悪者に付け込まれる点です。
さらも体を売っていると、「パパ活」そのものが「善良な風俗に反するもの」となって民事で訴えることができなくなります。
刑事事件であれば「詐欺罪」が適用される可能性はありますが立証が難しいのが現実といっていいでしょう。

なぜパパ活をするの?
ここ数年被害が増えているパパ活…
それなのに辞められない女性も少なくありません。
理由として「パパ活」は体を売らないため「風俗ではない」といった言い訳が成り立つ点にあります。
また「学費や夢の実現のため」といった大義名分があることも理由の一つです。
パパ活の最初の理念が生きているのです。
その多くは崩壊していますが、何かのときの言い訳に使えるのです。
短時間で大金が稼げるため、金銭感覚が狂ってしまうこともあげられます。
言うなれば薬物依存症にも近く、やめられない人が多く、そこから抜け出すことは非常に難しいといえます。

パパ活の税金問題
お堅い話をすると、税金問題です。
具「パパ活」で得た報酬が年間110万円を超えた場合は「贈与税」の対象となります。
また年間20万円を超える報酬を得た場合は確定申告で所得税の支払対象となります。
一般的に「パパ活」の報酬はバレにくいです。
しかし、銀行の取引履歴やマイナンバーの提示などから「脱税」は判明します。
そのため、正しい手続きを行うことが大切です。

 

コメント