パパ活で半年200万円稼いだ36歳シンママの話

シュガーダディ記事

パパ活で半年200万円稼いだ36歳シンママの話…「子供のために後10年は続けたい」

パパ活は若い女性だけの特権ではないようです。

「男性からジュースを1本おごってもらったことがきっかけで“自分には価値があるのでは?”と気づき始めたんです」

こう語るのは麗香さん(仮名・36歳)三重県の中心地から離れた地域に住んでいるシングルマザー。

現在、パパ活一本で5歳の子どもを育てているそうです。

結婚をきっかけに風俗を辞めた…そしてパパ活を始める

「処女だったんですが風俗で働きました。そのときのお客さんが初体験の相手です」

大学進学を機に東京で一人暮らしを始めた麗香さん。

新宿・歌舞伎町でナイトワークの仕事にスカウトされたのが風俗入りのきっかけだったそう。

男性経験のなかった麗香さんでしたが、「お客さんに仕込まれながら頑張って働いた」と述懐します。

「30分、1時間…頑張った分だけお金が貰えることに快感を覚え始めたんです」

最初は流されるまま始めた風俗の仕事でした。

しかし、みるみるお金が入ってくることにやり甲斐を感じ始めたというのです。

それも元夫との出会いがきっかけで、その生活に一旦区切りをつけました。

結婚して子どもが出来て…第二波がやってきた

30歳で元夫と結婚。

その後、子宝に恵まれたのですが、育児ノイローゼになってしまいます。

元々交友関係やママ友付き合いを好まない性格だったこともあって、周囲に相談することもできませんでした。

塞ぎこんだ生活を打破するため、裏マッサージ店で働き始めます。

それが麗香さんにとって育児ストレスの解消に繋がったそう。

その生活は2年ほど続きます。

その次はラウンジとスナックで2年ほど働いて…。

もちろんどれも夫には秘密でした。

収入には手を付けず、タンス貯金で隠し続けたそうです。

そしてパパ活へ

そんなとき、パパ活の存在を知ったと彼女は振り返ります。

「パパ活のドラマを見て興味を持ったんです」

当時の麗香さんが抱くパパ活のイメージは、“若い子がやるもの”でした。

そのため、自分には無縁だと思っていたのです。

それでも興味の尽きない麗香さんは、パパ活についてネットで調べてみます。

そうすると“ミセス世代やシングルマザーもパパ活で活躍している”という情報が飛び込んできました。

これをきっかけに、2つのパパ活サイト、3つの出会い系サイトに登録します。

そこから麗香さんのパパ活チャレンジが始まったのです。

当時、夫には、“健全なマッサージ店でアルバイトをしている”と伝えていました。

そこでも子どもの将来の為に、パパ活で得た収入には手を付けなかったのです。

夫と離婚後…5か月で200万円のお手当て

麗香さんがシングルマザーになったのは昨年。

そこから、本格的なパパ活がスタートしたのです。

そこで見せてもらったのは麗香さんの通帳。

“アイカツ5カ月”と手書きされたところに、200万円以上もの入金が確認できました。

子どもを保育園へ預けることの出来る平日昼間という限られた時間の中で、必死にパパ活をしたそうです。

お手当の額はパパにお任せの麗香さんですが、「1万円は何か嫌なんですよね」と言うのです。

“薄利多売”という麗香さんのパパ活スタイル。

身体の関係ありでホテルにて4時間ほど一緒に過ごすというものです。

もっとも安かったのが1万円、高かったのは5万円。

一番続いた金額は、1万5000円~3万円。

1万円を渡してきたパパには、麗香さんからサヨナラを告げるそう。

この方法で、月に30万円弱の金額を稼ぎます。

驚くべきはパパの人数。

現在、定期的に会っているパパは10名を数えます。

内訳は、三重県周辺のパパは8名、東北エリアに1名、そして海外に1名。

年齢層は40~50代がメインですが、中には70代の元気なシニアもいると聞くから驚きです。

「パパのことはあまり知りません。プライベートは干渉しないので。名前もサイトのあだ名で呼んでいます」

良好な関係を継続していくために、パパには“子どもが独立したら恋人になろうね”と言っているそうです。

パパ活にもコロナの影が…

新型コロナウイルスの影響で遠方に住むパパとは会うことができなくなりました。

それでも、近場のパパとは問題がなかったそうです。

収入は減ってしまったのですが、それでも20万円弱は手にすることができました。

外食はしない・フリマサイトを活用するなど、普段から質素な生活を心がけているので、貯金も問題なくできていると語ります。

パパ活と言えば、“食事だけでお手当”みたいなイメージが一般的です。

麗香さんはそれを考えなかったのでしょうか。

質問をしてみると、地方ならではの回答が返ってきました。

「そもそも、三重県の田舎でパパ活ってハードルが高いんです。出会えるのが奇跡というか。だから出来るだけ一度出会ったら関係を継続したいのが本音です。食事系は1回限りが多いですね。都会なら出会える数が多いからアリなのかもしれませんが…」

ありきたりの質問になりますが、最後にいつまでパパ活で生計を立てるのか。

一番気に鳴る部分です。

「パパ活は子どもが独立するまで。あと10~15年くらいは続けたいですね。パパ活が無理になったとしても、男性からお金を貰える方法で繋いでいきたいです」

将来はのんびりとした生活を送りたいと語る麗香さん。

今のうちにできるだけお金を貯めたい…明るくそう話してくれました。

コメント