パパ活の相場ってどのくらい?女の子によって変わってくるの??

シュガーダディ記事

「私もパパ活してみたい」「お小遣いをもらいたい」という人は多いと思います。
女の子なら誰でもパパ活で稼げるチャンスはありますが、気になるのはどれくらいもらえるのかなということでしょう。
ここではパパ活の相場についてご紹介します。

パパ活にも段階がある

パパ活も最初からトップスピードということはありません。
基本的にはお見合いのような顔合わせを経ることからスタートします。
ビデオチャットなどでおおまかに知り合ってから会うという方法もあります。
だいたいは、いくつかのメッセージ交換をして会うのが一般的ですよ。
もちろん、会うだけでもお小遣いはもらえます。
段階別に相場的なお小遣いの額を列記してみます。

『初回』顔合わせ…5千円~1万円
『都度』食事のみ…1万円~3万円
『都度』デート…2万円~3万円+プレゼント
『定期』エッチなし…5万円~15万円+プレゼント
『定期』エッチあり…10万円~50万円+プレゼント ※
※エッチありについては援助交際の部類になってしまうので参考までに

基本的に顔合わせも含めて実費はパパ持ちです。
金額はすべて現金でもらうお小遣いです。
顔合わせについて、お金はもらえるの?と考えがちですが、交通費はもちろん別に実費としてもらいましょう。
顔合わせ代もあくまでもお小遣いという位置づけです。
実際には事前のメールでそういったこともやりとりをしたほうがいいのですが、何の事前交渉もなく、顔合わせのときにお小遣いも実費もくれないような男性なら、マナー違反です。

こういった男性はパパ活としても失格ですし、おつきあいはしないほうがいいでしょう。
顔合わせでもお小遣いが出るのがマナーです。
そういったマナーなどを確認するのも、顔合わせの目的でもあります。
顔合わせの相場は、5千円から1万円です。
これは一般的なパパであって、お金持ちの場合はこの時点で数万円くれる人もいます。
そういった男性なら是非ともパパ活としておつきあいしたいですね。

お小遣いは交渉するの?

お小遣いの基準はさまざまです。
相場を頭に入れて最初から交渉する女の子もいるでしょう。
気をつけたいのは事前のメールなどの交渉で事細かに金額を決めないことです。
顔合わせで『1万円』、1日デートで『3万円』と決めてしまうと、それがずっとスタンダードになります。
お金持ちのパパでもそういったルールを守ることになります。
そのため、女の子自身が相場観を知っておくだけでいいのです。
それ以下なら、断ればいいですし少ないのはそこからパパ活しても苦労しますし、実入りがないのはつらいでしょう。
パパに小遣いはまかせることで、どれだけ(まじめに)おつきあいしたいのか推し量ることができます。
それに、お金持ちのパパの場合は相場をつきぬけたお小遣いをくれる可能性が高いです。
そういったことも頭に入れて、さいしょからがちがちに『定価』は決めないほうがいいです。
パパのほうから「どのくらい?」なんて聞いてくることもあるかと思いますが、「気持ちで…」といったようにはぐらかしてもいいですし、相手がお金持ちとわかっていたら、できるだけたくさんもらえるように交渉するのも1つの方法です。

お小遣いはどうやって決まるの?

相場観は知っていてもそこはパパ活ですから、できるだけたくさんもらいたいのが本音です。
実際にはどういった要素でお小遣いは決まっていくのでしょうか。
お小遣いが決まる要素を列記してます。

・女の子の魅力
・パパの経済力
・年齢
・エリア
・お気に入り度(親密度)

以上の5点がお小遣いの額を決定づける要素となります。
それぞれ簡単に説明します。

女の子の魅力

専属で付き合うのがパパ活です。
女の子に選択権があるように見えますが、パパにも選択権があります。
誰でもいいのならキャバクラでも十分ですし、ライバルとしても強敵です。
より愛情に近い感情を持って男性もパパ活をしています。
そのため、女の子もより魅力的であることが求められます。
具体的には、容姿であり性格であり、そしてスペック(学歴・職業)といったところでしょう。
魅力はさまざまです。話し上手で有ることも大切ですし、女の子らしさを前面に出した方がいいですし、女の子の魅力はパパ活の成功とお小遣いを引上げるためにも最大の要素と言えそうです。

パパの経済力

無い袖は振れないので、パパには経済力が求められます。
たいていのパパはお金持ちです。
お金がないとつきあいができないことを知っています。
「お金は持っているけど出さないぞ…」というパパは基本的にお金にうるさい人ですから、パパ活しないほうがいいでしょう。
お金持ちでなおかつ気前よく出してくれる人なら、安心してパパ活することができます。
そのため、顔合わせの席でもパパ活当初でもいいのでできるだけ早くパパの経済力を知ることが大切です。

年齢とエリア

パパはできるだけ若い女性を求める傾向にありますが、それはパパ次第です。
中には同年代の女性を求めるパパもいます。
そのあたりは、パパ活アプリなどでしっかりとチェックするようにしましょう。
年齢のマッチングは大切です。
それと同じようにエリアは近い方がいいですが、余りご近所さんだとなにかと面倒です。
交通費もパパ持ちですから、エリアについてはそれほど気にしなくてもいいかもしれません。

お気に入り度(親密度)

親密になっていってもお小遣いはそのまま…というのではいけません。
親密度がアップするなどつきあいが長くなると、お小遣いのアップの交渉もしましょう。
長くパパ活できるのかは状況次第ですが、長いつきあいは禁物です。

まとめ

基本的にはお小遣いの交渉はしないでパパまかせがいいです。
お金持ちのパパで金払いがよければ、びっくりするようなお小遣いをくれることでしょう。
そういったパパを見つけるのがパパ活の醍醐味でもありますよ。
あまり感情移入せずに、お小遣い的に物足りないなと思ったら次に行くようなドライな考えも必要です。

コメント