パパ活はじっくりと継続!上手なパパとの距離感について学ぼう!

シュガーダディ記事

とにかくパパからたくさんお小遣いをもらいたい。そう考えてる方もいるでしょう。

 

パパ活は一般的なアルバイトよりも儲かる確立が高く、人によっては本業の数倍の稼ぎをたたき出している…という方までいます。

 

しかし、極端な行動に出てしまうと心と体が傷つき、一生を棒に振ってしまう恐れだってある危険な行為です。もし、パパ活でしっかりと稼ぎたいのであれば、安全面に考慮しながら継続することが大切です。

 

その方法をお伝えしましょう。

 

極端なことはやめる

 

パパ活をする人の理由はさまざまです。お金が本当になくて困っているとか、アルバイトだけではやっていけない、楽して稼ぎたい…。

 

まぁ、いろいろでしょう。しかし注意しなければいけないのが、極端な行動に出て大金を稼ごうと思ってしまうことです。パパ活は、風俗やデリヘル、AV撮影などとは違います。

 

任意の部分はありますが、基本的には性行為がなくデートをするだけでお金をもらうような活動です。当然、お金を稼ぐのであれば本番行為もいとわずにどんどんすればいいでしょう。

 

しかし、そこにはリスクが大きくのしかかります。盗撮によるネット動画への流出やストーカー、性病、また体や心に傷を負う行為、犯罪行為として逮捕されるなど金額とリスクが割に合いません。

 

パパ活で稼ぐということは、長期的に稼ぐということです。極端なことをしてまで稼ぎたいのであれば、逆にパパ活は合わないかもしれません。

 

最低でも数年は続けたい

 

パパ活で稼ぐ場合、数人のパパとデートを続ける必要があるかもしれません。

 

もちろん、あまりに複数だと誰が誰だかわからなくなりますし、相手が束縛するような事態にも発展します。

 

しかし、同じ商品を同じ人だけに売り続けるよりもその合間を見て別の人に売っていかないと稼ぐことはできません。

 

ましてや、一定のパパだけに依存してしまった場合、その人から切られたら何も残らずに0から構築していかなければいけません。とはいえ、複数のパパとどのように付き合っていけばよいのでしょうか。

 

短時間を条件とする

 

例えば、パパ活の時間をかなり短時間にするというも手です。

 

1日3時間、昼間や夜10時まで…など、そういった制約の中でパパ活をすると案外継続しやすくなります。

 

「それでは稼ぐことができない」と思うでしょうが、要は継続です。当然、これだけしか合えない場合は単価は低くなりますが、頻度が高まれば一回で思い切ったことをするよりも稼ぐことができます。月に一回本番を朝まで強要されて10万円のパパ。

 

一回デートで5000円ながら、さまざまなパパと22日で合えれば11万円です。もちろん、前者の方が楽に感じますが前述したリスクがありますし、翌月無視されれば収入0です。こんな仕事、ずっと続くわけがありませんのでリスクヘッジをしておくのは当然でしょう。

 

また、後者は大変そうですが1回2時間、食事やカフェで話すだけで終わりです。

 

ほかのアルバイトや遊びにも支障はさほど出ませんし、体の関係もないので安心です。

 

単純接触効果を狙う

 

さて、パパ活で稼ぐのであれば単純接触効果を狙わないと意味がありません。

 

単純接触効果とは、反復して接触し続けることで相手に対する好意度が増していく効果のことをいいます。

 

要するに1年に一回だけ出会うイケメンよりも、毎日行っている職場のフツメンの方に好意を抱きやすくなるという心理学的なものです。女性の場合、心のときめきだけで突き進むことはできません。

 

やはりある一定の信頼感が得られた際、その異性に対して好意を抱くものです。とはいえ、これは男性も一緒。

 

月に1回だけセックスできる相手となれば、男性にとって性の道具であり好意を抱くということはなくなります。

 

仮に1回10万円を支払わなければいけないのですから、もっと可愛くて若くてからだの良い子を選ぶことでしょう。

 

そこに好意がない限り、おいしいパパを引き付けることは困難であると考えられるわけです。一方、毎日のように短時間だけでも出会うのであれば、少し事情が変わってくるでしょう。

 

好意を抱いてもらう

 

例えば、4人のパパとパパ活をしていたとしましょう。

 

4日に一回のペースで出会ったとした場合、パパにとってはこちらに好意を抱きやすい状況となります。

 

さらに、なかなかデートができない…というもどかしさというか距離感も相まって、相手に妄想を抱かすことができより好意的になります。

 

パパ活で大切なことは、体の関係を持つわけでもキス、手を繋がなくてもお金をもらうことです。当たり前ですが、下手に近づくと本気でパパが恋をしてしまい取り返しのつかないことになります。

 

もし相手に奥さんがいてそれがバレた時、こちらは知らんぷりをして逃げることができません。最悪、慰謝料を数百万円支払ったり正規に働いている職場を追い出されてしまう可能性だってあるのです。あくまで、好意を持っている程度の距離感。

 

それを維持した付き合いをパパ活では心がけることが大切なのではないでしょうか。

 

最初に決めておく

 

さて、そんなパパ活の継続方法ですが、やはり何度も出会っていれば相手はこちらと積極的に近しい仲になりたがります。

 

それは当然でしょう。しかし、パパ活をするに当たって大切なことは近づき過ぎないことです。そういった意味を考えると、最初に誓約書などを個別につくっておくことが重要です。

 

そういったことを嫌がるパパもいるかもしれませんが、そのくらい二人とも割り切ってパパ活をしなければいつか地獄に落ちます。

 

逆にこれをのんでくれるパパがいたとしたら、かなり長期間よい関係を築くことができるのではないでしょうか。本当に心に余裕のあるパパは、下手なことをしてきません。

 

あくまで割り切りの範囲で遊んでおり、そしてそれ相応のお金を落としていってくれます。パパ活で稼ぐには継続が重要であり、極端な行動ではありません。

 

パパ活で小遣い稼ぎ!

 

要するに、パパ活はあくまで小遣い稼ぎである認識をしておくことだといえます。パパ活で大もうけしたり、極端な金額のバッグを購入したり、そういった発想は一切ヤメた方がいいでしょう。

 

コメント